吉良饗庭塩の里では、塩づくり体験をとおして塩田の歴史と塩の製法を楽しく学ぶことができます。

入浜式塩田(白浜) 大正時代以前

江戸時代から三河湾の製塩業の中心であった吉良地域。この地で採れた塩は、苦汁分が少なく良質な饗庭塩として有名でした。饗庭塩は、地元三河はもちろん、足助(豊田市)を経由して中馬街道を経て信州伊那谷方面まで運ばれました。饗庭塩は岡崎の八丁味噌の原料として用いられたほか、知多のたまり製造にも使われ、特徴ある愛知の醸造業の発展に大きく貢献しました。
吉良饗庭塩の里は、昔ながらの塩田にて太陽の熱と風の力を利用した塩づくりを体験することができる全国でも珍しい施設です。ぜひ、自分の力で塩をつくる感動を味わってみませんか。

お知らせ

塩田体験館だよりを更新しました
コロナ禍における入館時のお願い
2020年塩田体験会・塩焼き体験について
2020年塩田体験開催のお知らせ
【緊急】臨時休館の延長 6/1まで
【緊急】新型コロナウイルスに伴う臨時休館
10月12日(土)台風19号接近臨時休館
8月15日(木)暴風警報 臨時休館します
令和元年 夏休み塩田体験 【満員】
幼児用ミニ塩田 オープン!